FC2 ブログランキング競馬


お申し込み方法



今週はジャパンカップ週となります。

ジャパンカップは過去3年連続的中となっており、今年は10万円勝負レースとして会員様へ情報を提供させていただきます。


↓19年のジャパンカップは72万5000円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-11-25.html


↓18年のジャパンカップは42万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-11-26.html


↓17年のジャパンカップは51万円獲得

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2017-11-26.html



昨年のジャパンカップ情報


◎5スワーヴリチャード

右回りに弱く、暑さに弱いタイプだけに、前走の左回りの秋競馬となる天皇賞・秋がこの馬の最大のパフォーマンスが期待できる1戦と言えましたが、結果は7着。

2走前の宝塚記念では標準ぐらいの馬場である程度時計が掛かっており、その中でややスローで流れる展開で3着となりました。

リスグラシューが後半で高いレベルで差を広げたのでスローまで入ったという感じがありましたが、2着以降の馬は平均で流れており、その中で前目で流れに乗って適性の幅広さを見せました。この流れの中で外から正攻法で4着のアルアイン以下は完封しており、安田記念でも45.5-45.8の流れに対応できており、前半のスピードそのものは持っていると言えます。

昨年のジャパンカップはキセキとアーモンドアイの世界レコードとなるハイレベルな争いで3着に健闘出来ており、今年のメンバー構成なら昨年以上の結果は期待できます。


◎5スワーヴリチャードが1着となり、馬連29倍的中で72万5000円の払い戻しとなりました。


hrs








先週の会員様情報結果

月曜日の結果

阪神3レース


11トウシンモンブラン

リフレッシュさせた2走前は14キロ増で発馬でアオリ、周回コースに入る前に寄られる不利を受けてスムーズではないレース内容でも3着に好走しました。

叩き2戦目の前走は距離を伸ばしてコーナー4つの競馬に挑み、出遅れながらもペースの緩んだ2角手前から挽回を図って早めに2番手を確保しました。

その後は持ったままで4角を回り、直線では一旦抜け出しましたが最後は勝ち馬に寄られる場面もあり2着となりました。

叩き3戦目の今回は距離を1800mに戻して更に上昇してきそうな1頭と言えます。


12ミスフィガロ

初戦はマイル戦に使われて3着となった同馬。

「調教と比べてレースでは遥かに良い脚を使えた事は収穫ですね。ただ、1600mは忙しく感じましたから、距離は伸びて良さそうです。」と福永騎手。

前走は3角過ぎから包まれる形になってしまい、動くに動けない展開で直線入り口では2着馬に進路を塞がれてしまい、他馬をやる過ごしてから外に出しましたが、この間に離されてしまいました。

ゴール前は良い脚を使っていただけに、スムーズな競馬ならこの馬が勝っていた内容でした。

2戦目の今回もスムーズなら勝ち負け濃厚の1頭と言えます。


9ジェラルディーナ

初戦は「まだ浮いて走っている感じでした。」と岩田騎手が話しており、トモの甘いフットワークで発馬が遅くて後方からの競馬となり、内ラチ沿いを通って距離を稼ぎ、4角で自然と外に出すと直線は外ステッキに反応してラスト1ハロンから内にモタれ気味になってしまい3着となりました。

2戦目の前走は2角から向正面で折り合いを欠いた上に、直線では左から叩かれて内外へフラついていましたが、後続には決定的な差をつけての2着。

まだ若さは残っていますが能力は状に高く、スムーズに運べれば今回も勝ち負け濃厚の1頭と言えます。

会員様情報では上記情報馬3頭の馬連指示で7.2倍的中となり、25万2000円の払い戻しとなりました。

252










土曜日の勝負の1鞍の結果

東京1レース


8サトノムスタング

新馬戦の前走は「調教では良い動きをしていましたが、まだもうひと追いあっても良いかなという仕上がりでしたからね。勝った馬も稽古は良かったし、この馬自身も良い内容だったと思います。」と田辺騎手。

初戦は発馬五分から好位の4番手で進め、すんなり4角を回りましたがその時点で勝ち馬とは手応えに差がありました。

それでも最後までしっかりと脚を伸ばしてきており、終始外を回った点を考慮すれば内容の濃い2着となります。

今回は叩き2戦目で上積みも見込めるだけに、ここは勝ち負け濃厚の1頭と言えます。

外国産馬で適鞍がないため、中1週での競馬となりますが、初戦は仕上げられていなかっただけに上積みの方が期待できる1戦と言えます。

6カード

初戦は少し緩さが見られ、二の脚の速さをいかして中団からの競馬となり3〜4角外を回って接近すると直線入り口では射程内に来て一旦は抜け出しそうな場面を作るも最後に甘くなってしまい3着となりました。

初戦はまだ緩さが見られただけに使われた効果は大きく、背中を使えるようになって動きが良くなっている今回はパフォーマンスを高めそうな1頭と言えます。

この中間は体を使わせる調教に替えて距離短縮となり、一変の可能性が高い1頭と言えます。



結果は8サトノムスタングが7馬身差の2着となり、6カードが2着に入り情報馬2頭のワンツー決着で馬連1点4.3倍的中となり43万円の払い戻しとなりました。

rew









日曜日の勝負の1鞍の結果


阪神11レース

マイルチャンピオンシップ


4グランアレグリア

阪神カップは約6カ月半ぶりで古牡馬との初対戦となり、初の1400mと不安要素も多くあった中で5馬身差の大楽勝。

いつもよりやや後ろの8番手追走から直線では内目を突いてあっという間に抜け出すと、最後は手綱を緩めながら後続に5馬身差をつける圧勝となりました。

勝ちタイムの1分19秒4はレースレコードで、コースレコードに0秒1差、日本レコードに0秒4差の好タイムでしたが道悪馬場だった事考えると超がつく破格の時計と言えます。

この阪神カップで見せた異次元レベルのパフォーマンスは本物で、その後の3戦では高松宮記念でハナ差の2着、前走の安田記念ではアーモンドアイに2馬身半の差をつける圧巻の競馬をし、スプリンターズSも制して完全に本格化しました。

今回は極端にレシステンシアが飛ばして44秒台半ば~後半で入って緩めなかったとしても、ポジションは少し悪くなりそうですがそれでも他馬が甘くなる分だけ直線ではこの馬の爆発力が際立ちます。

マイルまでくればスプリンターズSほど後ろになることは考えられないだけに、今回は前走以上の高いパフォーマンスが期待できます。

17サリオス

この馬が大きな成長を見せたサウジアラビアRCではペースがスローといっても質的には流れた中で対応してきたというのは大きな収穫と言え、サウジアラビアRCはかなりのスローで流れましたが、47.2とハロン12はクリアできており、この馬の位置でもおそらく48秒は切っているはずで、これは初戦と比べると大きな前進と言えます。

後半も最速ラップがL2地点で10.8となっており、対クラヴァシュドールでもここで前に出て前に並びかけてきました。これを10.8の地点でやれたのは特筆すべき切れ味と言え、このペースで削がれずに最速ラップを更新してきた点は、今回のレシステンシアが作り出す流れでも対応可能のタイプと言えます。

朝日杯ではラスト300mで先頭に立つと、そこから迫ってきたタイセイビジョンを突き放しての完勝となり力の違いを見せつけました。

皐月賞では2000m戦で道悪馬場+ハイペースという、これまでとは全く異なる適性が求められた中でもコントレイルとは差の無い競馬が出来ており、世代最上位クラスのパフォーマンスを見せたと言えます。

寸が詰まった体型的にも皐月賞から更に2ハロンの距離延長のダービーは適性外の1戦でしたが2着に好走し、皐月賞から2ハロン短い今回のマイル戦なら皐月賞以上のパフォーマンスが期待できる1頭と言えます。


2レシステンシア

阪神JF勝ちは4番枠から好発を切って押してハナを主張し、各馬が様子を見ながらじわっと絡んできたのでペースを引き上げながら進めていく中でのものとなりました。

道中もかなりのハイペースとなりましたが、各馬がついてくる流れの中で3角で少し息を入れて4角で仕掛けて後続を離しながら1馬身差で直線に入ると、直線序盤で一気に2列目を突き放して後続をほぼ寄せ付けずに5馬身差の圧勝。

ファンタジーSでは1400m戦で厳しいハイペースを先行策から楽に抜け出して強敵と言えるマジックキャッスルをきっちり制しており、1400mレベルでも質の高いスピードで引き上げてそこからの一脚でという競馬ができているため、かなり前半のスピードの質を高いレベルで見せている馬と言えます。

チューリップ賞ではペースを落としてどこまで脚を使えるかの試走となりましたが、不発となったために、次走の桜花賞ではハイペースでの競馬を演出して2着となりました。

ファンタジーS,阪神JF、桜花賞はいずれも厳しい流れで前半型の競馬に持ち込んで後続の脚を削ぎ切ったこと(前走のNHKマイルCではそこまでペースを引き上げ切らずに2着)を考えても、今回も厳しい流れで前半型の競馬をする可能性が高く、そういう流れで脚をそがれないグランアレグリアが最大の強敵と言えます。


8インディチャンプ

昨年の安田記念ではアーモンドアイとダノンプレミアムを撃破し、マイルCSでは再びダノンプレミアムを撃破してマイル統一王座となった同馬。

しかし、昨年のマイル統一はかなり恵まれたもので、安田記念では大外枠のロジクライが寄れた事で、外枠の有力馬がこぞって3馬身ほどの不利を受ける中、内枠の同馬は3番手追走からソツの無い競馬で勝利。

ここではドバイ帰りのアーモンドアイが不利を受けながらもクビ・ハナ差の3着に迫ってきていた事からも、まともならアーモンドアイが3馬身ちぎっていた計算となります。

マイルCSではダノンプレミアムを撃破しましたが、これはダノンプレミアムの前走が天皇賞秋で、ここでメイチの状態に仕上げてお釣りの無い中での中2週と言う厳しい条件でダノンプレミアムを1馬身半退けた格好だけに、まともならダノンプレミアムにも見劣る1頭と言えます。

能力的には昨年の安田記念はアーモンドアイ、マイルCSはダノンプレミアムが一番強い競馬をしていただけに、マイル路線の王者とは思えません。

今回はアーモンドアイを真っ向勝負で捩じ伏せたグランアレグリアの参戦となるだけに、連下までの評価となります。


会員様情報では◎4グランアレグリア1着固定の3連単12点指示で44.8倍的中となり、35万8400円の払い戻しとなりました。


hjkg











お申し込み方法



2018年のG1レース結果は24戦8勝で332万5200円獲得。

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-12.html


的中率33.3%

回収率230.9%



お申し込み方法

2020年春のG1レース成績(11戦8勝)

高松宮記念は21万馬券的中で65万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-03.html

大阪杯はワイド1点的中で17万円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-05.html

桜花賞は477.6倍的中で19万1040円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-12.html

皐月賞は16万5000円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-04-19.html

天皇賞・春は552倍的中!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-03.html

NHKマイルカップは61万5000円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-10.html

ヴィクトリアマイルは3点指示で31万3500円獲得!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-17.html

ダービーは馬単3.5倍的中!
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2020-05-31.html





お申し込み方法


12/15 朝日杯FS 6.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-16.html



12/8 阪神JF 130万800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-09.html

12/1 チャンピオンズカップ 70万3000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-12-02.html

11/24 ジャパンカップ 72万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-11-25.html

11/17 マイルチャンピオンシップ 42万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-11-18.html

10/27 天皇賞・秋 54万9320円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-10-28.html

10/13 秋華賞 53万2500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-10-14.html

9/29 スプリンターズS 6万800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-09-30.html

6/2 安田記念 4万37200円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-06-02.html

5/26 ダービー 99万5300円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-05-26.html

5/19 オークス 215万9520円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-05-19.html

4/14 皐月賞 72万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-04-15.html

2/17 フェブラリーS 46万3400円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-02-18.html





2018年のG1レース結果は24戦8勝で332万5200円獲得。
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-12.html

的中率33.3%
回収率230.9%

お申し込み方法

2月2日 不的中(コンマ1秒差で78万円取り逃し)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2019-02-03.html


↑メールが届かない場合はブログのコメント欄にてお知らせ下さい。

(コメント欄は管理人のみ閲覧可能となっています)



2018年のG1レース結果は
24戦8勝で332万5200円獲得となりました。

的中率33.3%
回収率230.9%



・11月25日 ジャパンカップ 42万円獲得
(2点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-11-26.html

・11月18日 マイルCS 64万4000円獲得
(5点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-11-18.html

・10月14日 秋華賞 86万円獲得
(2点指示での5倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-10-15.html


・9月30日 スプリンターズS 41万4000円獲得
(4点指示での3倍額勝負)
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-09-30.html

・5月20日 オークス 18万円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-05-21.html


・4月8日 桜花賞 6万800円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-04-09.html

・3月25日 高松宮記念 50万7000円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-03-26.html

・2月18日 フェブラリーS 23万9400円獲得
(3点指示での3倍額勝負)

http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/2018-02-19.html



2017年のG1レース結果
12戦8勝275万9200円獲得
http://blog.livedoor.jp/k11net/archives/cat_1329567.html



予備掲示板

http://m.z-z.jp/?n225mini